イベント報告 

イベント報告

 

尾張名古屋の職人展に出展


9月22日(金)23日(土)24(日)
尾張名古屋の職人展に出展
中区栄の「オアシス21」で開催された「尾張名古屋の職人展」(名古屋市・名技連・名古屋伝統産業協会主催)に今年も出展しました。
ブースでは、レーザー加工機でデモンストレーションや、作品の展示即売を行い盛況となりました。また、「スノコ作り」、「マイ箸作り」、「丸太切り体験」も大勢の方々に体験して頂きました。会場のメインイベントのステージでは「カンナ研ぎ・削り」の実演や観客も交えた「丸太早切り体験」などを行い観客から大きな拍手が沸き起こりました。

 

 

第25回 名技連ボウリング大会に参加

8月26日(日)
第25回 名技連ボウリング大会に参加

今年で第25回となる名古屋市技能職団体連合会(名技連)が主催するボウリング大会が、千種区「星ヶ丘ボウル」で開催されました。
名技連所属の技能職者相互の交流と親睦を図る大会として毎年行われているもので、当組合からは2チームが参加しました。
 

 

 

建桜会総会を開催

8月26日(日)
第43回建桜会総会を開催
新代表幹事に伊藤文一氏(第14期生)が就任

職業訓練法人愛知県建設センターの修了生同窓会(OB会員)として組織される「建桜会」の第43回総会が同所に於いて開催されました。
当日は、前田由紀夫理事長のご祝辞、西村博紀代表幹事(43期卒・水野善工務店)の挨拶後、議事に入り平成28年度会計報告が承認されました。続いて行事報告として、6月8日の見学体験( 岐阜県付知中学校2年生6名来校)、11月6日の ソフトボール大会開催、12月6日 のカンナ削り体験授業(瀬戸市水無瀬中学校)などが報告されました。
役員改選では、代表幹事に伊藤文一氏 (第14期卒業生)、 会計係に吉村 拓人氏(第51期卒業生)が就任されました。
 

 

 

こども大工教室



8月20日(日)
こども大工教室

地域貢献事業の一環として17家族の参加のもと午前と午後の2回に分かれて「こども大工教室」を開催しました。
今回は前田理事長をはじめ、職業訓練校の伊藤指導員、各務棟梁、山下棟梁の指導のもと、レーザー加工機と手加工のコラボレーションで木椅子の製作(各務棟梁考案)に取組みました。
完成の座椅子の天板に、参加者の皆さんが書いたイラストをレーザーで転写し、オリジナルの作品が出来上がり、子供達が満足そうに座る姿が見受けられました。また、カンナ削り体験も行いました。
 
 

 

伊良湖岬ハイキングとメロン狩り


 
8月6日(土)
あいけんファミリー 伊良湖岬ハイキングとメロン狩り

毎年好評の「伊良湖岬ハイキングとメロン狩り」を8月6日(土)に総勢70名の参加で開催致しました。
当日は快晴に恵まれ、あいけんをバス2台で出発し、メロン狩り、伊良湖岬のハイキングを楽しんだ後、伊良湖ビューホテルで旬の幸を堪能するランチバイキングなど盛りだくさんの内容でした。
「メロン狩り」では温室で自分が選んだ自慢のメロン1つの持ち帰りと、よく冷えたメロンが賞味でき大好評でした。

 
 

 

笑おう会 大須演芸場で開催


 
7月30日(日)
笑おう会 大須演芸場で開催

「笑い」を通じて会員・組合員の皆様の相互交流の場となればとの考えで、7月30日(日)に、昨年リニューアルオープンした大須演芸場を貸し切って「あいけんファミリー笑おう会」を開催し、約150名の方々に参加頂きました。
当日は受付で、「あいけんせんべい」が手渡され入場。午後2時より横井会長の開会挨拶に始まり、大道芸・女流講談、輪楽器演奏、落語、など多彩な演芸が披露され、場内は割れんばかりの大爆笑につつまれ楽しい一刻を過ごすことができました。そして、最後に平岡専務理事より締めの挨拶がありお開きとなりました。

 
 

 

産協一般社団法人化を祝う


5月27日(土)
知県建設産業協会 一般社団法人設立を祝う記念講演会と祝賀会

愛知県建設産業協会の一般社団法人設立を祝う記念講演会と祝賀会を5月27日(土)ウェスティンナゴヤキャッスルに於いて開催しました。
当日は、16時より青雲の間で弁護士法人匠総合法律事務所・代表社員弁護士 秋野卓生先生を講師に迎え、「次世代への事業承継」をテーマに記念講演を開催し、来賓・三団体役員ら約120名が聴講しました。

設立記念講演会
一般社団法人愛知県建設産業協会・横井辰幸会長の伝記「つなぐ」を参考資料に、建設業に置ける自社の事業承継から団体の事業継承まで、人材の育成や伝統文化の伝承の大切さが解説されました。
特に、事業承継とは、親からの上から目線ではなく、後継者が跡を継ぎたいと思う企業文化を会社の中に根付かせる事が大切である。その為には、儲け主義ではなく、人権尊重、法令遵守、高い倫理観、自己実現の欲求を満たすCSR戦略経営への変革が大切だと締めくくられました。

設立記念祝賀会
記念祝賀会は、17時30分から会場を天守の間に移して、始めに愛知県建設産業協会の歴史を振り返る「一般社団法人化までのあゆみ」が会場に設置された大スクリーンに映し出され、司会の旭堂鱗林氏のナレーションで観賞しました。
続いて、愛知建設労働組合石黒武司執行委員長の開会の辞、一般社団法人愛知県建設産業協会横井辰幸会長の主催者挨拶の後、名古屋市市長河村たかし氏(代読・名古屋市市民経済局産業部長下山浩司氏)、元名古屋市長・東海学園大学学長松原武久氏の来賓挨拶を賜りました。そして代表10氏による鏡開きを行った後、東京大学名誉教授・農学博士の安藤直人氏による乾杯の音頭で参加者が杯を傾け祝宴が始まりました。各テーブルでは談笑が進められるなど祝宴は盛り上がりました。愛知県建設センター前田由紀夫理事長の閉会の辞で祝賀会は盛況のうちに幕を閉じました。

名古屋城本丸御殿の見学会
講演会を前に参加者有志が14時にホテルのロビーに参集し、名古屋城本丸御殿の見学会を開催しました。
第一期工事の「玄関・表書院」と第二期工事の「対面所」と「下御膳所」が公開されており、木曽産ヒノキをふんだんに使った建物や復元模写でよみがえった障壁画の説明を受け見識を深めました。
 
 

 

労組第54回定期大会


5月27日(土)
愛知建設労働組合第54回定期大会
建設連合国保愛知県支部平成29年度総会
福利厚生の充実と組合員増強促進を図る

 愛知建設労働組合の第54回定期大会並びに、建設連合国民健康保険組合愛知県支部平成29年度総会が5月27日(土)ウェスティンナゴヤキャッスルホテルに於いて開催されました。
 当日は石黒武司執行委員長、伊藤文一愛知県支部長の挨拶に続き、来賓紹介が行われた後、議事に入りました。平成28年度の活動報告及び会計報告を承認、愛知建設労働組合の平成29年度活動方針として、加入促進活動や広報活動をはじめ、関連団体との相互交流などとして62,621,092円を予算案として計上。また、建設連合国民健康保険組合愛知県支部として「ITによる事務合理化の推進・保険事業の健全化・保険給付・スポーツ奨励事業開催」など、健康保険料を含む1,094,441,508円を予算案として計上し審議の結果、共に原案通り承認されました。
 
 

 

第46回 愛知県建設センター通常総会


5月27日(土)
第46回 愛知県建設センター通常総会
会員・組合員の為になるような様々な新規講習会を開催

 愛知県建設センターの第46回通常総会が5月27日(土)ウェスティンナゴヤキャッスルホテルに於いて開催されました。
 平成28年度事業報告、及び会計報告を承認、平成29年度事業計画案、予算案を審議し、原案通り承認されました。今年度も職業訓練生の活発な募集活動を展開すると共に、①建設技術者育成のため各種講座開講、②「木造建築科」「資格取得講座」などの事業の他、会員・組合員の為になるような様々なセミナーの開催、③国・県より公募される事業に対する積極的な応募、④地域活動事業の推進などをおこなって参ります。
 
 

 

あさり掘ろう会

5月14日(日)
あいけんファミリー あさり掘ろう会

健康促進事業の一環として、第8回『あいけんファミリーあさり掘ろう会』を今年も知多半島の先端に位置する豊丘乙方海岸で開催し、参加者の皆さんには直接会場に集合して頂きました。
今年も知多半島が貝の不漁で休業が相次ぐ中の開催でしたが、制限時間いっぱいまで、潮干狩りを楽しむ姿が見受けられました。3時からは、お楽しみ大会をスタート。3個のあさりの重さを競い、上位入賞者に賞品が手渡されました。
 
 

歩こう会IN 近江八幡

4月16日(日)
あいけんファミリー  歩こう会IN 近江八幡

健康促進事業と親睦の一環として、『あいけんファミリー歩こう会』を開催し、参加者44名の方に参加頂きました。
当日は晴天の中、午前8時10分にあいけんを貸切バスで出発し、新名神を利用し信楽IC近くの「信楽陶苑たぬき村」に立寄り素焼きのたぬきの絵付けに挑戦しました。出来上がりが楽しみです。
その後、琵琶湖湖畔の「鮎家の郷・鮎鴨亭」で昼食を頂いた後、目的の近江八幡へ向かいました。
近江八幡の水郷めぐりでは、8人乗りの船に分乗し、約一時間半のんびりと桜と菜の花を眺めながら手漕ぎの船頭さんの説明を受ける体験をしました。
その後、有名なメンタームを普及させたヴォーリズの西洋建築や近江商人の街並、映画のロケ地で有名な八幡堀、日牟禮八幡宮、八幡山ロープウェーなどを自由散策し楽しみました。
 

 

名古屋建築技能大学校修了式・ 入校式


4月10日(月)
愛知県建設センター  名古屋建築技能大学校
木造建築科 平成28年度 修了式 ・ 平成29年度入校式
愛知県建設センター(名古屋建築技能大学校)では、木造建築科の平成28年度の修了式と平成29年度の入校式を、愛知県建設センターに於いて4月10日(月)に挙行致しました。
当日は、司会者による開会の挨拶に始まり、前田由紀夫理事長より「建築業界の就労人口が減少する中、入校される方には業界の将来を担う職人に育って貰いたい。また、当校にはOB会として建桜会があるので情報交換の場として利用して欲しい」と、お祝いと今後の活躍に期待を寄せる挨拶がありました。
続いて、来賓祝辞が重ねられました。その後、修了生の木造建築科4名に修了証書並びに技能照査合格証書が手渡されました。そして輝かしい成績を修めた川田隆寛君に特別賞として愛知県職業能力開発協会 会長表彰が授与されました。
最後に修了生代表として内藤源太君により答辞が述べられました。
入校式では、新入生となる木造建築科12名全員の名前を紹介した後、伊藤文一専務理事による閉会のことばで閉式となりました。
修了生、入校生の皆さんおめでとうございました。

 

 

 

第48回産協総会開催

 

2月23日(木)
第48回 愛知県建設産業協会定期総会開催
4月1日より一般社団法人として事業を行うことを決議

 2月23日にあいけん・4階大教室に於いて総勢約60名の参加で行われました。午後1時45分からの総会では、横井辰幸会長並びに土井芳郎理事長の挨拶に続き、来賓の方々よりご祝辞を賜ったあと議事に入り、平成28年の事業報告並びに会計報告の承認、平成29年の事業計画案並びに予算案が上程され、圧倒的多数の拍手をもって、原案通り可決承認されました。続いて、一般社団法人移行に関する審議及び愛知県建設厚生協会規約変更及び役員変更も審議され、原案通り可決承認されました。定期総会資料につきましては、事務局にて閲覧できます。

 

 

知多半島楽しもう会

2月5日(日) 2月19日(日)
知多半島楽しもう会 イチゴ狩り食べ放題など

今年は「あいけんファミリー知多半島楽しもう会」を平成29年2月5日(日)と19日(日)の2回開催で行い、 合計78名の方々にご参加頂きました。
最初の目的地である、いちご狩りの市野園芸(半田市)に向けてバスであいけんを出発しました。当園は、新聞やテレビで取り上げられる人気のいちご狩り場です。子ども達から「すごく甘い」「たくさん食べた〜」などの楽しい声が聞こえてきました。続いて南知多の魚ひろばに立寄り、ここでは試食を楽しみながらお土産を買った後、170年前の醸造蔵を改装し、清酒ねのひの利き酒や食事が出来る盛田味の館にて昼食を頂きました。
その後、2月5日は雨天のため、常滑のめんたいパークで工場見学や試食を楽しみ、イオンモールにも立寄りました。19日は常滑やきもの散歩道で、約1・6㎞、所要時間にして60分ほどのコースを散策し、レンガ造りの煙突など情緒ある風景を楽しみました。