ご存知ですか?「社会保険 最新情報」 

社会保険 最新情報

 

1.国土交通省の建設業社会保険未加入対策
 今年3月末が最終期限ですが、平成29年度以降は、下記のようになります。
 ①建設業許可業者は100%加入
 ②元請企業は、「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン(平成28年7月28日改訂)の周知・徹底に努める。
具体的には、㋐施工体制台帳、再下請負通知書、作業員名簿で下請企業の社会保険・雇用保険の加入状況を把握する。㋑未加入事業所は下請として選定しない。㋒適切な保険に加入していることを確認できない作業員については現場
入場を認めない
。㋓雇用と請負の明確化 です。


2.厚生年金・健康保険適用事業所検索システム
 新年号でも掲載しましたが、日本年金機構は、平成28年11月から、社会保険加入状況を簡単に確認できるようにしています。また、適用調査対象事業所対策として「加入勧奨↓加入指導↓立入検査・認定による加入手続」を強化しています。


◆社会保険に加入しなければならない事業所は右
記の図のとおりです。
法人事業所は、法人に使用される人が一名(役員
を含む)のみであっても、強制加入です。
個人事業所は、「常時五名以上の従業員を使用し
ているとき」に強制加入になります。一週間の所
定労働時間および一か月の所定労働日数が常時雇
用者の四分の三未満のパート等は人数にはカウン
トしません。また、事業主・同居の家族は使用者
のため社会保険には加入できません。


3.3月分から、健康保険料率と介護保険料率が変わります。
【旧】愛知県の健康保険料率 9・97%  介護保険料率1・58%
【新】愛知県の健康保険料率 9・92%  介護保険料率1・65%
 従業員の給与から保険料を控除するときは、折半した率にしてください。

 

4.老齢年金の資格期間が25年以上から10年以上に短縮されます。
 これまで年金のなかった資格期間10年以上25年未満の方に、日本年金機構から年金請求書の送付が始まります。実際の年金支給は、平成29年10月以降です。


◆手続きにお困りの際は、あいけんにご相談ください。